タイヤの上手な選び方|通販サイトでカー用品をゲットしよう

男女

タイヤの交換時期

タイヤ

自動車のパーツとして知られるタイヤは、最低でも3年から4年の間に1回は交換する必要があります。ゴムを主な成分としているため、走行距離が短い場合であっても、徐々にひび割れが生じてしまうのです。タイヤを構成するゴムは特殊な加工が施されていて、ほとんどの製品に劣化防止剤が含まれています。劣化防止剤はゴムの乾燥を予防し、長期間使用出来るような状態を保つために必要な成分です。3年以上経つと自然にタイヤから染みだしてしまうので、その効果が永久的に続くわけではないと言えます。タイヤのひび割れは劣化防止剤の効果がなくなった合図なので、まだ乗れるからといって交換を遅らせず、専門店などで新品を購入しましょう。

タイヤの主な成分であるゴムは熱や摩擦に弱いため、経年劣化していきます。日光に含まれる紫外線はゴムの乾燥を促しますが、タイヤには劣化防止剤が含まれているので、数年の間はひび割れすることもありません。ただし、通勤や通学、または業務などで長距離の運転を続けていると、地面との摩擦で溝がすり減ります。溝はブレーキの効きを良くする働きがあり、雨の日でも安全な走行が行なえるのですが、摩擦により溝が薄くなることでスリップの危険性は高くなるのです。ひび割れだけでなく、摩耗の度合いをチェックしておくことも大切です。交換する場合はインチ数を把握しておきましょう。車種によって適切なタイヤがあるため、純正タイヤのインチ数やメーカーを確認することが重要になります。